Ace of Each Suit 各スートのエース

No Comments

Tarot, the Aces of the Minor Arcana / Kether (The Crown);

Ace introduces the core nature of each suit, describing and reflecting the brightest and highest energies of its kind. It is the manifestation of the pureness of its own element, and the eternal spiritual perfection.

Ace is the gate between the Great Nothing and the world that is perceivable to the human consciousness.

The host of Ace – Kether- itself contains all the sources and various potential changes within, but its existence is just a “point’ and thus without a shape. Despite this limitation with intangible existence, it existence is free and beyond time. The pure intention of creation overflows as “Spark of God”.

小アルカナのエース / ケテル (王冠)

エースはそれぞれのエレメントのコアな属性を紹介する立場にありスートの一番まばゆく最高状態のエネルギーの顕現である。エレメントの一番純粋な状態であり永遠なるスピリット的完璧さを描写し反映している。

エースは「偉大なる無」と人間の意識が認識できる「この世」の間のゲートである。


エースを宿すケテル自身はあらゆる変化の源の一切を内に含みながら「点」という状態にて、無形の存在として限定された、時間を超え自由に在り、ただ、創造の意志を溢れ含みたる純粋なる「神の火花」である。

 

The Suit of Disks ディスク

No Comments

Disks: The elemental attribution is Earth, representing physical aspects of life.

Representing “down-to-earth” matters, the suit stands for material concerns, and the concrete requirements of working with endurance, growth, reliability and practicality. Accordingly it involves matters such as money and asset in order to maintain everyday comfortable life.

Being in a safe environment brings peace of mind which allows stable growth. At times it might feel boring and monotonous to repeat the same old everyday life. However working diligently leads to material richness.

As the earth was once considered to be flat, a disk is just the right symbol.

ディスク:タロットにおけるスートのディスクに呼応するエレメントは地。物質的な側面を表す。

「地に足ついた」というフレーズにあるように大地や地球が象徴するのは耐久性や成長、そして実用性などを表す物質世界。そして毎日の快適な衣食住とそれを維持するためのお金や資産をも含む。

安全な環境は心にゆとりをもたらし、安定した成長を遂げることを可能にする。日々の生活を大切にし物事に真面目に取り組むことは単調で地味に感じる時もあるがコツコツ取り組むことが物質的な豊かさに繋がる。

その昔地球は平らだと信じられていた。いわゆる円盤・ディスク形であると考えられたためにディスクが地のシンボルとして用いられる。

——————————————————
Daily Tarot Note of Kashiopia’s Enlightenment Tarot, published by Kashiopia in 2014.
日々のタロットノート、2014年出版カシオピアのエンライトメントタロットより。

The Suit of Sword ソード

No Comments

Swords: The elemental attribution is Air, representing the intellectual aspect of life.

Air that freely move and easily changes directions symbolizes Intelligence such as thoughts, reasons and expressions of the mind.

Brilliant mind with the ability of comprehension, analysis and making decisions in a objective manner is a valuable asset, but without wisdom the power of intellect can turn destructive and be lost. Thus intellect can be a weapon for better or worse.

Such a quality of changing from defense to offense quickly makes the Sword an ultimate symbol of Air.

ソード:タロットにおけるスートのソードに呼応するエレメントは気。
知的活動面を表す。

自由気ままに簡単に方向チェンジをすることができる空気の動きのエレメントは思考や論理そして考えを発言する行動となどの知性である。

明晰な頭脳で論理的に物事を捉え分析し客観的に冷静な判断を下せることは貴重な財産であるけれど、知性に叡智が欠けている場合は頭のキレは破壊力にもなる。
知性は良くも悪くも武器になる。

守備から攻撃へめまぐるしく変化するソード・剣こそがシンボルとして用いられる。

——————————————————
Daily Tarot Note of Kashiopia’s Enlightenment Tarot, published by Kashiopia in 2014.
日々のタロットノート、2014年出版カシオピアのエンライトメントタロットより。

The Suit of Cups カップ

No Comments

Cups: The elemental attribution of Cup is Water, representing emotional aspects of life.

Just like the ability of water to flow and fill up spaces, the element of water represents richly flowing emotions and intuition, and what emotions nurture such as dreams and hopes. However as the Mother Ocean which fosters many lives, at times also goes ballistic, taking lives easily. Hence the ups and downs of emotions.

The sea, where the origin life was, covers the 80% of the earth. Whether it is coincidental or not, 80% of the human body also consists of water. It may not be a surprise that we are emotional creatures.

Cup is the symbol of Water as it is an important tool to drink water which sustains life.

カップ:タロットにおけるスートのワンドに呼応するエレメントは水。感情的な面を表す。

水がどのような空間にも自由に流れ込むように、水のエレメントは溢れる豊かな感情や直感力、そして感情が育む精神界や夢や希望など人が心に抱えているものを表す。しかし多くの命を育み慈しむ母なる海は時に荒れ狂いやすやすと命を奪う存在でもあるように感情には起伏がある。

地上の80%を覆う海は生命の源である。奇しくも人体の80%も水分で出来ている。我々が感情的な生き物であることもそう不思議ではあるまい。

命を繋ぐ水を飲むための大切な道具としてカップ・杯がシンボルとして用いられる。

 

 

 

——————————————————
Daily Tarot Note of Kashiopia’s Enlightenment Tarot, published by Kashiopia in 2014.
日々のタロットノート、2014年出版カシオピアのエンライトメントタロットより。

The Suit of Wands ワンド

No Comments

Wands: The elemental attribution of Wand is Fire, representing the aspect of Will-power in life.

As the Sun gives off heat and light that living organisms need, fire is needed in vital situations of human life such as cooking, warming up, and chasing away darkness for protection.

Elements of fire symbolize will-power and spirit-fullness, representing flame-like desire and passionate intention, and the joy of achieving goals. Living honestly to one’s own desire implies pureness and genuineness, however such passion can turn egotistical and end up troubling all that are around, burning them all up.

The image of using a stick as a torch to maintain a flame makes Wand the symbol of Fire.

ワンド:タロットにおけるスートのワンドに呼応するエレメントは火。意志の力やエスプリをあらわす。

生命に必要な太陽の熱と光さながら、火は人が食料を調理し、暖を取り、闇を払い身を守るために生死に関わる場面で必要としてきた。

火のエレメントは精神やスピリットを象徴し、燃え盛る炎のような望みと情熱的な行動力、そして望みを達成する喜びを表す。時にそれは純粋に生きることであり、あるいは我に満ち周囲を巻き込むほどの力を秘めて周囲を燃やし尽くしてしまうこともある。。

松明に炎を灯すというイメージからワンド・杖がシンボルとして用いられる。

——————————————————
Daily Tarot Note of Kashiopia’s Enlightenment Tarot, published by Kashiopia in 2014.
日々のタロットノート、2014年出版カシオピアのエンライトメントタロットより。

Qabalistic Tree of Life and Suit カバラの生命の木とスート

No Comments

In Qabalah the process of manifestation is composed of 4 stages. This concept is visually depicted by stacking four of the Tree of life as illustrated above. Starting from Atziluth/Archtypal World, the energy flows into the next level Briah/Creative World, then into Yetzira/Formative World, then finally settles at Assiah/Material World. These four hierarchies correspond to human existence; Atziluth to the world of spirit-fullness, Briah to emotions, Yetzira to intelligence, and Assiah to physical body and behavior. Accordingly in tarot, Atziluth/Archtypal World corresponds to the element of Fire thus Wand, Briah/Creative World to Water thus Cup, Yetzira/Formative World to Air thus Sword, and Assiah/Material World to Earth thus Disk. A practical illustration of this process is as follows; First one receives an inspiration to do a certain thing; then next clearer intention will form as an idea, which will lead to the third stage of planning and designing, then actualizing and materializing is the final forth stage. All and all, it means that Everything consists of Four types of energies and stages.

From the earliest days of the ancient times it has been believed that the world is composed of four elements: fire, water, wind, earth. These elements are not the same as the elements in contemporary chemistry. The Four Elements only conveys that there are four types energies that composes this world. Everything is influenced by each element in our lives. For example, take a book as an example; the book itself is concrete a substance and belongs to the Element of the Earth. But it contains the Element of Air if it offers any intellectual insight. The book may demonstrate the Element of Water if it brings out emotions. If the book somehow elicits inspiration, then the energy may be said to that of Fire.

Even though we live in this visible material world, it is important to be aware of invisible energy that permeates all the existence. All phenomenon contains all the Elements, and Qabalah teaches how to balance them. Becoming aware of the Elements relates to becoming aware of one’s own spirituality, and it naturally leads to learning Tarot in depth.

—————————————

カバラではエネルギーが最終的に物質顕現に至るには4つの階層を経ると言われ、それは上記の図のように生命の木を4層重ねる事で表される。その4つの階層はアツィルト/流出界、ベリア/創造界、イエツラー/形成界と最終的なアッシャー/物質界である。これらのカバラ的階層は人間においてはそれぞれアツィルト/流出界が精神に、アツィルト/流出界は感情に、イエツラー/形成界は知性に、そしてアッシャー/物質界は肉体及び行動というように対応している。そしてこの4階層システムはタロットにおいて、アツィルト/流出界は火の元素つまりワンドに対応し、ブリア/創造界は水の元素でカップに、イエツラー/形成界は風の元素でソード、そしてアッシャー/物質界は地の元素でディスクに対応する。実質的な例えでこの4階層の繋がりを挙げると、まずは物事を実現させる過程において何かを作ろうというインスピレーションやひらめきを感じる最初のステージ、そこからアイディアが生まれる第二のステージ、そして具体的設計図を形成する第3ステージ、最終的に作品として何かが出来上がる第4ステージとなる。とどのつまり全ては4つのタイプのエネルギーと階層でできているということである。

太古の昔より世界は火・水・風・大地の4つのエレメントによって創られていると信じられてきた。それは現代科学における「元素」とは違うが、全ては4つのタイプの要素が混ざりこの世が創られているということである。この世のすべてのものがそれぞれのエレメントの影響を受けているということは、物質世界に存在するものは複数のエレメントに属しているとも言い換えられる。例えば一冊の本を参考にすると、本自体は物質で「地」のエレメントのものである。しかしそこには学ぶべき知的な内容があるかもしれない。それは「風」のエレメントに属する。さらには悲しみや喜びを感じるストーリーであるかもしれない。それは「水」の要素である。そしてインスピレーションを感じ何か新しい行動をしてみようというひらめきに繋がるならそれは「火」のエレメントのエネルギーを持つ。

このように目に見えるこの物質世界に生きていても、じつはそこに目に見えないエネルギーがあること、見えない世界が浸透していることを知ることが必要ですべての現象にはこの4つの要素があり、そのバランスを取る必要があることをカバラは教えている。それらの4つの要素にも目覚めていくことが自分の内側のスピリチュアリティに目覚めていくことと連動しているのでタロットを深く学ぶ意味にも関連する。

 

Qabalistic Tree of Life and Tarot カバラの生命の木とタロット

No Comments

 

Sefer Yetzirah (Book of Formation ספר יצירה) is the earliest extant book on Jewish esotericism, and is a fundamental literature for Qabalah. The book starts with the following passage:

“In thirty-two mysterious Paths of Wisdom did Jah, the Jehovah of hosts, the God of Israel, the Living Elohim, the King of ages, the merciful and gracious God, the Exalted One, the Dweller in eternity, most high and holy–engrave his name.”

The Tree of life which graphically illustrates the Qabalistic idea of the creation of anything and everything consists of 10 Sephiroth. Ultimately these 10 energy centers are connected by 22 paths and becomes the complete image of the entire Tree. The “thirty two mysterious Paths of Wisdom” in Sefer Yetzirah refers to these 10 Sephirotht and 22 paths.

In Tarot, 10 Sephiroths are associated with 1 to 10 Minor Arcana respectively and each of the Major Arcana is assinged to the 22 path. This association between Qabalah and Tarot deepens the meanings and significance while facilitating systematical understanding of the cards.

ーーーーーーーーー

カバラの基礎的文献であり最も重要な書である世界の創造を語る書『セーフェル・イェツィーラー(形成の書)』の冒頭は下記で始まる。

『ヤー、エホバ、サバス、イスラエルの神、生けるものすべての神、古の王、慈悲深く恵み深き神、至高の第一人、神聖にして永遠の存在は、三十二のありがたき知恵の道に自らの名を刻んだ。』

カバラの物事の創造過程を図解で表した生命の木は10のセフィロトで構成されているがこれは究極22本のパス(道)で繋がり「生命の木」としての完全系となる。「三十二のありがたき知恵の道」とはまさにこの「生命の木」にあたる10のセフィロトと22本のパス(道)を指す。

タロットにおいて10のセフィロトはそれぞれ1から10までの小アルカナと結びつき22本のパスは大アルカナに当てはまり解釈はより奥深くそして規則的に理解しやすいいものとなる。

Qabalistic Tree of Life カバラの生命の木

No Comments

The primary glyph of Qabalah is the Tree of Life which maps out the development of anything and everything. The Tree itself is simple, consisting of ten energy centers called Sephiroth. These energy centers do not reflect physical entities. Thus the Tree of Life is merely a postulated conceptual structure. The intention is that the image visually guides a seeker to follow a sequential energy flow of the dynamics of the universe and the cosmic principle objectively.

The Tree of Life illustrates the Qabalistic idea that everything started from Nothing. This Nothing is so great as in a sense of “Nothing created God”. It gave birth to All. This fundamental concept is shown in the Qabalistic manner by the statement “Nothing turns into One – pure yet abstract energy. Then by passing through the 10 stages illustrated in the Tree of life, the One gradually manifests the form of concrete existence.

The sequence of the Tree of Life goes like this: In the beginning the universe started with explosive energy from Nothing. This energy started flowing down 10 Sephiroth which are energetic relay-points in the manner of a flash of thunder in the order of “Kether/Crown” then into “Chokmah/Wisdom”,  followed by “Binar/Understanding,”   “Chesed/Mercy” “Geburah/Strength” “Tiphareth/Beauty” “Netzach/Victory” “Hod/Splendor” “Yesod/Foundation” then finally into “Malkuth/Kingdom”, actualizing material manifestation. This flow is the reflection that any form of concrete existence pass through the 10 stages as a gradual process of manifestation.

The fundamental truth behind The Tree of Life is that “Everything is One, while there is Great-Nothing as non-manifestation behind All”. The glyph of the Tree of Life expresses various perspectives, principles and processes for pure energy to manifest a form. Whether it is about the creation of the universe, the conception of life, or development of human psyche, the Qabalistic philosophy conveys that the developmental process of everything in this world takes the same structured mechanism.

カバラにおける主要な図式はあらゆるものの発展を描いた「生命の木」である。「生命の木」は創造のプロセスと宇宙的な原理を客観的に表した図式である。その構造自体はシンプルで、セフィロトと呼ばれる10のエネルギーセンターから成っている。セフィロトはエネルギーセンターの概念であり、物理的実体を反映してはいない。したがって、「生命の木」は単に仮定された構造にすぎないけれど図により視覚的に宇宙のダイナミクスの連綿と続くエネルギーの流れを知ることができる。

宇宙は完全なる無から突如爆発的なエネルギーとなり、そのエネルギーは雷の閃光として頂点のセフィロト 「ケテル/王冠」から流れ出し、そこに端を発したエネルギーは「コクマ/知恵」「ビナー/理解」「ケセド/慈悲」「ゲブラー/峻厳」「ティファレト/美」「ネツァク/勝利」「ホド/栄光」「イェソド/基礎」「マルクト/王国」という順番で10のセフィロトという「無と物質世界の中継点」を通り物質現象を顕現させた。つまり物事は10段階を経ることによって徐々に具体的な存在の形をとることができる。生命の木は、「すべて」は「無」により創り出されたというカバラ思想を示し、すべての背景に非顕現としての「偉大なる無」があることを説く。

「生命の木」が根本的に表現する真理は「すべてはひとつ」である。しかしこの図にはエネルギーが形に至る多様な視点や原理や過程が表現されており、宇宙の創造、人生の構想、人間の精神の発達のいずれに関わらずこの世界のすべてのものの発達過程は同じメカニズムをとっていることを表す。

What is Qabalah カバラとは

No Comments

So we went through the initial journey of the Major Arcana. It does not mean the review of the Major Arcana is finished since each card contains so many meanings and significance that one short article will not cover everything. So we’ll come back to the Major Arcana again at some stage. But for now, let’s discuss a little bit about Qabalah.

Read More

The Universe-1 宇宙 -1

No Comments

The end and completion of the Major Arcana. It is the zenith of development – the achieved goal. Unifying conflicts and contradictions and freeing oneself which implies satisfaction. Looking at the last half of the Major Arcana as a sequence of self-development and self-realization, The Universe is the crown and the end. Through Death rebirth ix experienced, Art starts the process of alchemical work, limitation is over come via The Devil, then destroy the inner prison at The Tower. Then we chase The Star, explore The Moon, find The Sun then experience the Rise of the Phoenix in the new Aeon. The we finally can touch The Universe.

大アルカナの終わりと完成。発展の天頂で 実現目標。衝突や矛盾を統合し自らを解放することができて満足感を得る。

大アルカナの後半を自己実現の方法として見ると、「宇宙のカード」は頂点であり終わりである。「死」をもって生まれ変わり、「技」によって錬金術的な統合を始め、「悪魔」にてあらゆる制限を克服し、「塔」で自身の内なる刑務所を破壊させる。 その後「星」を追い、「月」を探検し、「太陽」を見つけて「永劫」の時の中灰からのフェニックスの蘇りという一連の経験の後、 最後に「宇宙」に触れることができる。

 

——————————————————
“Daily Tarot Note” of Kashiopia’s Enlightenment Tarot, published by Kashiopia.

「日々のタロットノート」、カシオピアのエンライトメントタロットより。