Prince of Wands-2 ワンドのプリンス-2

No Comments

Meanings and Interpretation 

Light:

-By having pride in oneself is inspiring others.

-Living with an abundance of optimism and self-reliance.

-Much capabilities and potential.

-Charisma and sense of fun motivates all who follow.

Shadow:

-Wanting everything immediately then react with tantrum, anger or aggression if that wish is not granted.

-Taking care of others with a calculative mind in order just to be acknowledged.

-Being a stubborn dictator.

-The impatience can mount into instability, always seeking for novelty without getting anything done with all his powers.

Advice (should be referred to especially along with Shadow Side):

-Endurance and patience is the key word.

-Remember to take time as a factor into consideration.

ーーーーーーーーーーーーーーーー

意味と解釈

ライト:

-自分に誇りを持つことで周囲にインスピレーションを与える。

-余裕がありポジティブで自分に自信をたっぷり持っている。

-能力と才能に恵まれていて可能性に際限がない。

-カリスマ性と遊び心は付いてくる者達に意欲を起こさせる。

シャドー:

-今すぐに全ての願いを叶えたがり、それが叶わないのなら駄々をこねたり怒りや攻撃性を現してくる。

-単に認めてもらいたいからというだけの計算づくの上での人助け。

-頑固な独裁者。

-忍耐力のなさはいずれ不安定さになり、なんの達成をすることもなく自分の権力内でできる限り目新しいものだけを探し続ける。

アドバイス(特にシャドーと併せて観る)

-持久力と忍耐力が鍵。

-いつでも「時間」という観念を念頭に置いておく。

 

——————————————————
“Daily Tarot Note” of Kashiopia’s Enlightenment Tarot, published by Kashiopia.

「日々のタロットノート」、カシオピアのエンライトメントタロットより。

Prince of Wands-1 ワンドのプリンス-1

No Comments

As the Air within the Fire, Prince of Wands reflect intellect in the flame of Esprit. Vitality and assertive courage representing the first expression of future possibilities. As common for all the Fires, he is passionate, active and vigorous but with the intellect of the Air, he also shows enthusiasm and charisma that motivates and influence all who follow him. Having the Fire of Fire as the Father and the Water of Fire as the Mother, Prince of Wands have a good balance of passion, emotional warmth and intelligence. However lacking the element of the Earth, he may lack patience.

 

火の内の気としてワンドのプリンスは燃えるエスプリ精神の中の知性を反映する。生命力と積極的な勇気は将来的な可能性をまず最初に表現するものである。火のエレメントのカードは一般的に情熱的で行動力があり生気に満ちているが、プリンスとしてここに知性が加わり周囲のものをやる気にさせるような影響力をもつ意気込みとカリスマ性となる。火の内の火であるナイトを父とし、火の内の水であるクイーンを母とするプリンスはそれぞれ火の情熱、水の情緒的な暖かさ、そして気の知性を持ち合わせるが、地のエレメントに欠けているため忍耐力を持ち合わせているとは言えない。

 

——————————————————
“Daily Tarot Note” of Kashiopia’s Enlightenment Tarot, published by Kashiopia.

「日々のタロットノート」、カシオピアのエンライトメントタロットより。