Eight of Cups-Indolence-2 カップの8-怠惰-2

No Comments

Meanings and Interpretation 

Light:

-Powerful moment by turning your back before you take the first step.  It can be such a conflicted moment, yet knowing you are doing the right thing.

-Leaving unsatisfactory and unpleasant situation by coming terms with it.

-Only from the lack of success can the insight grow such that we must retract the personal ego and find ourselves anew in the gladness of “being able to let things happen”.

– No more passion and losing interest.

 

Shadow:

-The matter is not to quit nor to leave it incomplete.

 -You have given up the dream and decided to stay put, whether you are fulfilled and satisfied or not.

– Being prone to depression and self-pity and mental darkness.

– Indulging in self-complacent indolence or in a dangerous chauvinism or bigotry, it is urgently necessary to change your ways.

 

Advice (should be referred to especially along with Shadow Side):

-Give another chance and complete what you are doing (If reverse).

– Break off regrets.

– Think over again.

– Face the reality.

– It is important to stay open hearted, with open eyes to upcoming changes.

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

意味と解釈

ライト:

-次の一歩を進む前に手放すべきものに背を向ける強烈な瞬間。心の中に矛盾を感じるかもしれないけれども正しいことをしていると感じている。

-不満足で不快な状況にけじめを付けて去る決断をしている。

-成功の欠如からのみ、エゴを引っ込め物事をあるがままにさせる喜びの中に自分を見つけるという新しく深い理解を得ることができる。

-情熱と関心を無くしてしまった。

シャドー:

-今ここで問題を投げ捨ててはいけない。

-自分が満たされているかどうかに関わらず夢を諦めることにしている。

-鬱病にかかったり自己憐憫に浸ったり心の暗闇に引き摺り込まれそうになる傾向が強い。

-独りよがりの無精さや優位偏見主義に浸っているのでそのような考え方をすぐにでも変えなければいけない。

アドバイス(特にシャドーと併せて観る)

-(カードが逆位置の場合は)もう一度トライして手がけていることを完了させる。

-後悔を切り捨てて先に進む。

-もう一度考えてみる。

-現実に直面する。

 

 

——————————————————
“Daily Tarot Note” of Kashiopia’s Enlightenment Tarot, published by Kashiopia.

「日々のタロットノート」、カシオピアのエンライトメントタロットより。

Eight of Cups-Indolence-1 カップの8-怠惰-1

No Comments

In Hod, the sephiroth of logical intellect and structure, the emotional water of Eight of Cups is not so happy because all the fantasies that appeared in Seven of Cups is revealed to be mere delusions and lost all its attraction. The result of corruption and debauchery is not necessarily disappointment but feeling apathy. Things are now have to be dealt with willfully not emotionally to abandon the past. This is a small but very powerful moment in which one has the power of letting go of emotional hang-ups and regrets. Continuation is not a virtue and completion is not necessary.

 

カップの8は生命の木の8番目のセフィロト、ホドにより知性と論理によってカップの7での夢想が単なる妄想であることに気がつき、夢見ていたことは輝きを失ってしまった。ここにおいて堕落と放蕩の結果は失望ではなく、無気力感や怠惰感である。過去を捨て去るには感情的になるのではなく知性と意志の力で行うことが必要になる。つまりこれは執着や未練を軽やかに手放す瞬間である。ここにおいては継続は美徳ではなくプロセスを完了させる必要はない。

——————————————————
“Daily Tarot Note” of Kashiopia’s Enlightenment Tarot, published by Kashiopia.

「日々のタロットノート」、カシオピアのエンライトメントタロットより。