Nine of Swords-Cruelty-2 ソードの9-残酷-2

No Comments

Meanings and Interpretation 

Light:

-The circumstance is not about being hurt, but about crying about that hurt rather than doing something about it.

-Fear is the guide on the path to maturity, and a wake up call to put an end to a nightmare.

-Possibility of not being able to be aware of what causes all the suffering and sorrow.

-Having a mindset of accepting difficulties and pain.

Shadow:

-The possibility of full-blown insomnia or the use, and perhaps abuse, of sleep-inducing drugs.

-Caught up in thinking about pain, fears, worries, misery, hate and guilt… all the negative things in the realm of unenlightened.

-An extremely disturbed circumstance with a poisoned atmosphere, primarily existing through intentionally inflicting pain.

 

Advice (should be referred to especially along with Shadow Side):

-You can’t do anything if you don’t know truth, so gather objective information.

-Face your fear because avoidance makes the condition much worse.

-Only new perception and understanding can break through the vicious circle of negativity.

-Without finding the root cause, no solution will be discovered.

ーーーーーーーーーーーーーーーー

意味と解釈

ライト:

-状況が痛みを伴っているということが問題なのではなく、なんの解決策も見出そうとしないまま、ただ痛みについて泣き叫んでいることがよくない。

-恐れは成長へと導いてくれ、悪夢に終止符を打つ目覚めのための警鐘ためのである。

-苦しみや悲嘆という物の原因に対して自覚的になれない可能性。

-苦難や苦渋の受容というマインドが必要である。

シャドー:

-睡眠薬の常用、あるいは完全な不眠症。

-なんの光明も悟りもなくただネガティブな物事に囚われ痛み、恐れ、心配、惨めさ、嫌悪や罪悪感などで頭がいっぱいになっている。

-わざと意図的に痛みを感じさせるような考えの元、最悪な雰囲気で気を乱すような状況。

 

アドバイス(特にシャドーと併せて観る)

-本当の事を知らない限りは何もできないので、客観的な情報を収集する。

-回避するだけでは状況は最悪になるだけなので恐れているものに直面する。

-新しい視点と理解だけが悪循環を断ち切る方法である。

-もっとも根本的な原因を見つけない限り解決法は見つからない。

 

 

——————————————————
“Daily Tarot Note” of Kashiopia’s Enlightenment Tarot, published by Kashiopia.

「日々のタロットノート」、カシオピアのエンライトメントタロットより。

Nine of Swords-Cruelty-1 ソードの9-残酷-1

No Comments

The nineth sephiroth, Yesod is the sephiroth of self-reflection. Yesod is also the field of “Foundation”,  in which, the airy nature of the mind is not suited, causing restlessness and deception by fooling itself. Thus for Swords/Air/Intelligence, this is not a happy place. Once again, Swords reflect its own daunting quality that is brought by constant analysis and thinking, because in the end, over-analysis does not lead to anywhere. The mind has freedom of choice to create thoughts. Ironically it is just a cruel fact that such freedom is the cause of unenlightened state. The mind keeps wondering but there is after all no solid answer. However facing the discomfort is far better way of dealing with an issue than ignoring it.

九番目のセフィロト、イェソドは自己のクオリティーを反映をするセフィロトである。ソード/気/知性にとってここはちっとも幸せな場所ではない。なぜなら結局のところ過剰な分析や思考はどこにもたどり着くことはないのだから、分析と思考を常にしているようなソードにとって自らの存在は重苦しさをもたらすだけである。そしてイェソドは「基礎」のセフィロトでもあるので、空気のように自由なマインドは息苦しさを感じ自己欺瞞によって自らを誤魔化すように成る。マインドは思考を作り出す選択の自由を持つが、皮肉にもそんな自由が不幸せな状況を作り出すとは残酷な事実である。思考はフラフラとし、結局なんの結論にも結びつかない。しかし問題があるならそれを無いことにしてしまうよりも直接対峙してしまう方がはるかに良い。

——————————————————

“Daily Tarot Note” of Kashiopia’s Enlightenment Tarot, published by Kashiopia.

「日々のタロットノート」、カシオピアのエンライトメントタロットより。