Ten of Swords-Ruin-2 ソードの10-破滅-2

No Comments

Meanings and Interpretation 

Light:

-Harmony and stability is completely disrupted.

-There is nothing to lose any more and no risk for a new beginning.

-The phase has finally ended.  You have fought, but there is not much more you can do. 

-Only time will tell if the current situation is good or bad, right or wrong

-Deep down, you may feel relieved and liberated that you don’t have to fight anymore.

Shadow:

-Although the situation is over, you refuse to accept it.

-Endless fighting and analysis ends with destruction, loss of hope, and belief.

– Self-destruction, however it will mean re-start if there are cards that indicate constructiveness.

 

Advice (should be referred to especially along with Shadow Side):

-Do not do anything for the moment, because if you keep fighting it will cause more pain than necessary.

-You have to accept that this time it is all over. You reached as far was you could have reached.

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

意味と解釈

ライト:

-調和と安定は完璧に崩壊している。

-もう失くすものは何もなく、新しい物事を始めるリスクは一つもない。

-ようやく局面は変化した。散々歯向かおうとはしたがこれ以上できることはない。

-今が良いのか悪いのか、正しいか間違っているかは時が経てば判る。

-心の奥深くではこの状況が終わったことでホッとしてもう戦わなくて済むことで自由を感じている。

 

シャドー:

-状況はもう終焉を迎えたというのに、それを受け入れようとしていない。

-終わりのない戦いと分析は破壊と希望と信念の損失で終わる。

 破壊は自滅的な物になるが、建設に向かうカードが他に出ていれば再起のチャンスはあるだろ

 

アドバイス(特にシャドーと併せて観る)

-これ以上戦っても必要のない痛みを引き起こすだけになるのでもう何もしてはいけない。

-できる限り達せられるところまでは来たのだからもう終焉を迎えた事を受け入れる。

 

 

 

——————————————————
“Daily Tarot Note” of Kashiopia’s Enlightenment Tarot, published by Kashiopia.

「日々のタロットノート」、カシオピアのエンライトメントタロットより。

Ten of Swords-Ruin-1 ソードの10-破滅-1

No Comments

In Malkuth, the 10th Sephiroth of the Tree of Life. The suit has completed the journey from the seeds of the Ace to the final goal of Malkuth. Here, the element of Air, intellect is at its final stage, namely, the state of “All Mental”. The intelligence, the ability to think and analyze has finally managed to confuse and destroy itself completely, losing all moral, hope or belief. Sadly, this is the final phase of active manifestation, demonstrating the climax of the power of minds. Eventually the element will return to its origin again, to the first spark of mind, as in the Ace, to start journey all over again. 

生命の木での10番目のセフィロト、マルクトにてスートはエレメントの原点であるエースから最終目標までたどり着いた。ここにおいて気のエレメントである理性は最終ステージにて狂気へと堕ちる。せっかく考え分析する力を持つ知性であるがこれがあだになり最終的に思考に頼るだけでは完全に自身を混乱させ破壊させ全ての道徳も希望も信念も無くしてしまった。悲しいかな、このような状態がマインドパワーのクライマックスで最終的な顕現である。いずれこのエレメントもまた落ち着きエースにあるようなマインドの最初の閃きへと戻り、また新しく最初からやり直すことになる。

——————————————————
“Daily Tarot Note” of Kashiopia’s Enlightenment Tarot, published by Kashiopia.

「日々のタロットノート」、カシオピアのエンライトメントタロットより。