How to forgive

No Comments
Forgiveness is not at all “giving in to those who caused you pain and suffering”. Far from that.
Forgiveness is to detach self from negative memories and emotions, and gain control over oneself.
 
If you think you are what someone caused you to be, you are then just holding on to an illusional self-identity, and giving control to someone else.
 
Forgiveness can be easily achieved through gratitude.
It might be difficult to find what you are grateful for in negative things, but it is the quickest path of forgiveness by finding something positive in the negative.
 
Since negativity latches on to your ego, your mind gets confused between who you really are and what someone else made you think. By having gratitude, it effectively creates adequate distance between the negative memories/emotions/ego, and your own self.
And this distance, is forgiveness.
 
If someone has caused you pain, it’s totally fine to detach your emotions from that individual. Forgiveness does not equal to needing to be friendly again. It neither means you need to forget.
 
All you need to achieve is to have distance, so that you can be balanced and stand on your own.
 
——————–
 
人を許すということは、痛さや辛さを引き起こした張本人に屈服するということでは全くない。
許すということは自分自身をネガティブな思い出や感情から切り離し、自己コントロールを身に付けることだ。
 
他の誰かの行動がもたらしたことが「自分自身」だと思うなら、それは単に自分のアイデンティティーを錯覚していて、他人に自分の事をコントロールさせているだけ。
 
人を許すことは感謝の気持ちを持つことで簡単にできる。
確かに、嫌な出来事の中に感謝の気持ちを持つことは難しいかもしれないけれど、それでもネガティブの中にポジティブを見つけることで許すという行為が最速でできる。
 
ネガティブなことはエゴにつきまとうから、マインドが「本当の自分」と「他人によって作られた自分」をごっちゃにしてしまう。
感謝をすることで「本当の自分」とネガティブな思い出/感情/エゴの間に適切な距離を作り出すことができる。
この適切な距離が「許す」ということ。
 
誰かから傷つけられたなら、自分の感情をその人から分離してしまっても全く構わない。
許すということはベタベタと友達に戻るということではない。
許すということは忘れるということでもない。
 
必要なのは「距離」である。距離があってこそバランスを保って自分で立つことができる。

Accept Yourself

No Comments
The notion of “Accept Yourself” doesn’t necessarily mean it’s ok to hold onto being negative or reactive. Identifying oneself with negative emotions, memories and reactions is just an illusion.
 
What is important is to recognize what is one’s “true-self” is. It is the soul being, the bright joyous self who does not get influenced by external negative factors.
 
So, the notion of “Accept Yourself” implies that one gives permission to oneself that s/he can be all positive and happy and content and loving.
 
ーーーーーーーーー
 
「自分を受け入れる」ということは物事にいちいちネガティブに反応してもいいんだからそのままでいい、ということとは違う。自分のアイデンティティーをネガティブな感情や思い出や行動と結びつけることは実は幻影である。
 
大切なのは「本当の自分」に気づくことで、そんな本当の自分というのは魂の自分で、明るく輝き喜びに満ちていて負の外部要素になんて影響されない部分の事をいう。
 
だから「自分を受け入れる」というのは、ポジティブで幸せで満ち足りて愛情たっぷりの自分になってもいいんだよと自身に許可を与える事だと思う。

Inner-Child and Higher-Self

No Comments

I had been wondering about something…

 

“Spiritual” is a wonderful notion. But there are so many people who uses “spiritual” as an escape route from reality, or ultimate salvation in order to turn blind eyes to one’s own issues. Surely humans are spiritual beings and we can appreciate spiritual experiences. However at times it is very important that we look into ourselves and see what our deeply rooted psychological issues are, and get some help for it.

 

And maybe because I had been contemplating on the matter, I have encountered many sources to resolve the conflict between spiritual pursuit and ignoring psychological issues.

 

The key is in dealing with Inner-Child, which are thought & emotional patterns that were created by rather negative experiences. Is is an aspect of you that didn’t have a chance to grow up as a method of defense mechanism. Basically, it’s a mental part of you that got stuck in the past.

 

Once one deals with resolving the issues that the Inner Child carries, then s/he will be ready to connect with Higher-Self, which is “true you” that you were born to express in this life. It is another name for the aspect of how you really wish to live this life. Often and not surprisingly this Higher-Self is associated with spirituality. And that is not a wrong perception. As said, we are all spiritual beings.

 

So, I feel that I have gotten an answer to the connection between the mind and spirituality, and surely these two factors influence our physical being too.

 

Call it “Inner Child” or “Past Trauma”.
Call it “connection with Higher-Self” or “finding life’s purpose”.
One can take a spiritual path or a psychological path of healing and self-development. Ultimately, all is fine as long as a balance between “past-self”, “present-self” and “true-self” is achieved. They are the same things with just different labels, or else, they are simply interconnected with each other.

 

If you would like help with resolving issues with the Inner Child, and/or to connect with Higher-Self, please contact Kazway Kashiopia for Life-Coaching and Healing.
WhatsApp: 078 563 9431 (Johannesburg, South Africa)

—————————————

最近考えていたことがある。

 

「スピリチャル」という概念は素晴らしいものなのだけれども、なんだかたくさんの人がスピリチャルを現実逃避の手段や、自分の問題から目を背けるための究極の救いとして追求しているような気がしていた。確かに、人間はスピリチャルな存在で、精神性の高い経験は高く評価されるものではあるのだけれど、でも時には自分の内を見て、心理学的に根付いた問題に直面してまずはそこから癒していかなきゃいけないんじゃないかなぁと。

 

それで、多分私がずっと考えていたことだからだろうけどこのスピリチャル追求と心理的な問題の間の衝突の解決法になるような文献にいくつか遭遇した。

 

鍵は、インナーチャイルドの対処にある。インナーチャイルドとは、ネガティブな経験によって作り出された思い癖、つまり思考と感情のパターンであって、自己防衛として成長をすることができず、過去に生きている自分の意識の一部である。

 

だからまずはこのインナーチャイルドを癒すこと、過去からの思い癖を直すことから初めて、ハイヤーセルフ、つまりはこの世で表現するはずの本来の自分自身になる準備ができる。ハイヤーセルフというのは自分が「本当はこうしたい」という生き方のことである。そしてこのハイヤーセルフという単語は驚くことでもないと思うけれどもしばしばスピリチャルな概念として連想される。でも上記でもあるように人はスピリチャルな存在なのだからそれは決して間違っていない。

 

。。。というような考えにいたって、「ああ、そうか、これでマインドとスピリットの繋がりってこういうのか、そうすると必然的に身体にも影響が出るよなぁ〜」と理解できた。

 

「インナーチャイルド」と呼ぼうが「過去のトラウマ」と呼ぼうが、
「ハイヤーセルフとの繋がり」と呼ぼうが「この世の本当の目的を見つける」と云う言い方をしようが、
心理学的なアプローチであろうがスピリチャルなアプローチであろうが、癒しと自己の成長の道順は変わらない。
とにかく過去の自分、今の自分、そして本来なるべき自分のバランスが取れればいいんだ。
結局は全部同じものを違う呼び方で呼んでいるだけか、あるいは全ては繋がっていると云うことだから。

 

You are NOT alone 独りじゃない

No Comments

In this world there is absolutely NOTHING that is ours.

 

The body – the physical matter – is created by parents and ultimately by the Earth:
Thus the Body does not define you.

 

The mind whether its personality or thoughts or talent or skills or feelings or memory etc etc… is the result of the physical or psychological environment:
Thus the Mind does not define you.

 

And the spirit is only a part of the energy of the Divine of the Universe, and not attached to personality/character or ego:
Thus the Spirit does not even define you.
You are only the representation of the Spirit for now.

 

We are made up of many bits and pieces that is given.
We are all borrowing *everything* from the Universe.
There is always someone or something that’s allowing us to be who we are and what we are.

 

Having such an awareness should let us be grateful and enjoy what we have, what is given, who is around, and what is present.
This, should let us be humble and content sincerely.

 

You are not alone.

————–

この世では何一つも私達の物じゃない。

 

体は両親が産み出してくれて、究極物質は地球のものだから
体は「自分」を定義付けない。

 

性格であれ思考であれ才能やスキルや感情や思い出などのマインドは身体的・心理学的な環境の結果だから
マインドは「自分」を定義付けない。

 

魂は大宇宙の聖なるエネルギーの一部であって、性格やエゴと繋がっているわけじゃないから
魂すら「自分」を定義付けない。
今の期間だけその魂を代表しているだけ。

 

「自分」と思うものはいろんなパーツで組み合わさっていて、全ては宇宙から借りているもので
いつだって誰かと何かが、私達であることを許してくれているから存在できるもの。

 

そういう意識を持つことは持っているもの、与えられているもの、周りにいてくれる人達、そして「今ここ」に感謝し楽しむことができる。
そしてそうすることによって心から謙遜になり幸福感に満たされることができる。

 

独りじゃないんだ、自分達。

What is love 愛って何

No Comments

Let’s think of admirable things in life.. like, beauty in the nature, like, the colours of the sunrise and sunset, the movements of fish swimming or birds flying, starry night sky etc etc. When something touches and moves our hearts, there is love. But nobody thinks of keeping or owning the nature’s beauty. That’s how love should be; Detachment.

The purpose of love isn’t to “acquire”, “possess” or “belong”.

Ultimately we are supposed to find fulfillment within ourselves. But it is so difficult (nearly impossible) to do it alone… so we may encounter someone who may reflect the idea of “the other half”. When we love someone, the love is supposed to be just a reminder of how our souls crave for unification and communion, a reminder of how it is supposed to feel within. If we understand love, there will be freedom and respect within a relationship and it will feed the positive chain reaction of love. I think.

例えば自然の美しさを考えてみる。例えば、そう、日の出や日の入りの色、泳いでいる魚や飛んでいる鳥の動き、星いっぱいの夜空。。。感動するとき、そこには愛がある。けれで誰も自然の美しさをキープしたいとか所有したいだなんて考えない。愛ってそういうものだと思う。

愛は、「獲得」するものでも「所有」するものでも「所属」するものでもない。

究極的に魂はじぶんの内で充足感を見つけ出さなければいけないのだけれど、一人でそんなこと達成するのはほとんど不可能というぐらいに難しいから「もう一人の自分」という考えを反映してくれるかもしれない誰かに出会う。そうして誰かを愛する時、そんな愛は本来、単に内なる魂の統一がどんなものであるかを思い出させてくれるだけの手段。 相手をどうこうしようというのとは違う。そうして愛を理解することができれば付き合う相手との間に自由と敬意が満ちて、ポジティブな愛の連鎖反応をもたらす。。と思う。