No Comments

Nothing lasts forever. Life is permanently changing. While some things end, some things start. Sometimes it doesn’t even matter if the end is painful or the new beginning is welcomed or vice versa. Life presents never-ending circle of death and rebirth, good-bye and encounter. Death is the controlling factor in the cycle of the eternal “growing and decaying” that connects the successive forms of creation with each other. Understanding death allows gaining wise insight into “new becoming”.  At the time of death, one harvests all the learning’s of life.

永遠に続くものは無い。人生は永続的に変化していて、何かが終わる一方で何かが始まる。何かが終わる時にどれほど心が痛もうが新しい始まりが嬉しいものでは無いとしてもそのようなことは全く関係無く、とにかく人生は決して終わる事のない死と再生、別れと出会いの連続である。死とは全てのものが連綿と形をかえお互いに繋がり合いながら存在していく永遠に「成長し腐敗する」サイクルをコントロールする要素である。死を理解することは「新しく成る」ということを理解させてくれる。終わりを迎えることで人生での学びを刈り取ることができるのだ。

 

——————————————————

“Daily Tarot Note” of Kashiopia’s Enlightenment Tarot, published by Kashiopia.

「日々のタロットノート」、カシオピアのエンライトメントタロットより。

Categories: 14 Death 死神

About the Author

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *