No Comments
Forgiveness is not at all “giving in to those who caused you pain and suffering”. Far from that.
Forgiveness is to detach self from negative memories and emotions, and gain control over oneself.
 
If you think you are what someone caused you to be, you are then just holding on to an illusional self-identity, and giving control to someone else.
 
Forgiveness can be easily achieved through gratitude.
It might be difficult to find what you are grateful for in negative things, but it is the quickest path of forgiveness by finding something positive in the negative.
 
Since negativity latches on to your ego, your mind gets confused between who you really are and what someone else made you think. By having gratitude, it effectively creates adequate distance between the negative memories/emotions/ego, and your own self.
And this distance, is forgiveness.
 
If someone has caused you pain, it’s totally fine to detach your emotions from that individual. Forgiveness does not equal to needing to be friendly again. It neither means you need to forget.
 
All you need to achieve is to have distance, so that you can be balanced and stand on your own.
 
——————–
 
人を許すということは、痛さや辛さを引き起こした張本人に屈服するということでは全くない。
許すということは自分自身をネガティブな思い出や感情から切り離し、自己コントロールを身に付けることだ。
 
他の誰かの行動がもたらしたことが「自分自身」だと思うなら、それは単に自分のアイデンティティーを錯覚していて、他人に自分の事をコントロールさせているだけ。
 
人を許すことは感謝の気持ちを持つことで簡単にできる。
確かに、嫌な出来事の中に感謝の気持ちを持つことは難しいかもしれないけれど、それでもネガティブの中にポジティブを見つけることで許すという行為が最速でできる。
 
ネガティブなことはエゴにつきまとうから、マインドが「本当の自分」と「他人によって作られた自分」をごっちゃにしてしまう。
感謝をすることで「本当の自分」とネガティブな思い出/感情/エゴの間に適切な距離を作り出すことができる。
この適切な距離が「許す」ということ。
 
誰かから傷つけられたなら、自分の感情をその人から分離してしまっても全く構わない。
許すということはベタベタと友達に戻るということではない。
許すということは忘れるということでもない。
 
必要なのは「距離」である。距離があってこそバランスを保って自分で立つことができる。

About the Author

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *