No Comments

The nineth sephiroth, Yesod is the sephiroth of self-reflection. Yesod is also the field of “Foundation”,  in which, the airy nature of the mind is not suited, causing restlessness and deception by fooling itself. Thus for Swords/Air/Intelligence, this is not a happy place. Once again, Swords reflect its own daunting quality that is brought by constant analysis and thinking, because in the end, over-analysis does not lead to anywhere. The mind has freedom of choice to create thoughts. Ironically it is just a cruel fact that such freedom is the cause of unenlightened state. The mind keeps wondering but there is after all no solid answer. However facing the discomfort is far better way of dealing with an issue than ignoring it.

九番目のセフィロト、イェソドは自己のクオリティーを反映をするセフィロトである。ソード/気/知性にとってここはちっとも幸せな場所ではない。なぜなら結局のところ過剰な分析や思考はどこにもたどり着くことはないのだから、分析と思考を常にしているようなソードにとって自らの存在は重苦しさをもたらすだけである。そしてイェソドは「基礎」のセフィロトでもあるので、空気のように自由なマインドは息苦しさを感じ自己欺瞞によって自らを誤魔化すように成る。マインドは思考を作り出す選択の自由を持つが、皮肉にもそんな自由が不幸せな状況を作り出すとは残酷な事実である。思考はフラフラとし、結局なんの結論にも結びつかない。しかし問題があるならそれを無いことにしてしまうよりも直接対峙してしまう方がはるかに良い。

——————————————————

“Daily Tarot Note” of Kashiopia’s Enlightenment Tarot, published by Kashiopia.

「日々のタロットノート」、カシオピアのエンライトメントタロットより。

About the Author

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *