No Comments

 

 

The Princesses are attributed to Assiah of the Qabalistic World, as well as the region of the 10th Sephiroth on the Tree of Life. The above image provides a simplified visual understanding of the Princesses’ whereabouts in the Qabalistic term. However the significance of the Court Cards are beyond such a visual image, because the true significance of the Court Cards is that they represent Elements in Elements. In other words, the 16 Court Cards demonstrate the concept of Elemental blending.

There are four elements, Fire, Water, Air and Earth. Thus there are accordingly four Princesesses which are the Earth aspects of each element;

  • Princess of Wand, which is Earth in Fire.
  • Princess of Cup, which is Earth in Water.
  • Princess of Sword, which if Earth in Air.
  • Princess of Disk, which is Earth in Earth.

The Princesses are the daughters of the Knights and Queens. However the last Sephiroth of the Tree of Life is so far away from the rest such that the Princesses are a long-lost adopted daughters. While they represent concrete manifestation of Fire and Water, the pureness of these elements are diluted, instead it becomes the element of the Earth.

ーーーーーーーーーーーーーー

小アルカナのプリンセスはカバラでの物質界と10番目のセフィロトに対応する。上記の画像にて視覚的にプリンセスがカバラ思想にどうフィットするかが掴めると思うが、実際のところコートカードの意味はそれ以上に深い。コートカードはエレメントの内にあるエレメントを指し、この16枚のコートカードにてエレメントがどう交わるかが表現される。

エレメントは火、水、気、地の四つであり、プリンセスはそれぞれのエレメントにおける地の側面を表す。

  • ワンドのプリンセスは火の内の地を、
  • カップのプリンセスは水の内の地を、
  • ソードのプリンセスは気の内の地を、
  • ディスクのプリンセスは地の内の地という具合だ。

プリンセスはナイトとクイーンの娘ということにはなっているが、生命の木における最後のセフィロトは他からずっと離れたところにある故、に「長く不在であった養女」でるとも言える。プリンセスはナイトの火とクイーンの水の具現的な現れではあるがそれぞれのエレメントの純粋さは薄れ、新しく地のエレメントとなる。

 

About the Author

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *