No Comments

In Qabalah the process of manifestation is composed of 4 stages. This concept is visually depicted by stacking four of the Tree of life as illustrated above. Starting from Atziluth/Archtypal World, the energy flows into the next level Briah/Creative World, then into Yetzira/Formative World, then finally settles at Assiah/Material World. These four hierarchies correspond to human existence; Atziluth to the world of spirit-fullness, Briah to emotions, Yetzira to intelligence, and Assiah to physical body and behavior. Accordingly in tarot, Atziluth/Archtypal World corresponds to the element of Fire thus Wand, Briah/Creative World to Water thus Cup, Yetzira/Formative World to Air thus Sword, and Assiah/Material World to Earth thus Disk. A practical illustration of this process is as follows; First one receives an inspiration to do a certain thing; then next clearer intention will form as an idea, which will lead to the third stage of planning and designing, then actualizing and materializing is the final forth stage. All and all, it means that Everything consists of Four types of energies and stages.

From the earliest days of the ancient times it has been believed that the world is composed of four elements: fire, water, wind, earth. These elements are not the same as the elements in contemporary chemistry. The Four Elements only conveys that there are four types energies that composes this world. Everything is influenced by each element in our lives. For example, take a book as an example; the book itself is concrete a substance and belongs to the Element of the Earth. But it contains the Element of Air if it offers any intellectual insight. The book may demonstrate the Element of Water if it brings out emotions. If the book somehow elicits inspiration, then the energy may be said to that of Fire.

Even though we live in this visible material world, it is important to be aware of invisible energy that permeates all the existence. All phenomenon contains all the Elements, and Qabalah teaches how to balance them. Becoming aware of the Elements relates to becoming aware of one’s own spirituality, and it naturally leads to learning Tarot in depth.

—————————————

カバラではエネルギーが最終的に物質顕現に至るには4つの階層を経ると言われ、それは上記の図のように生命の木を4層重ねる事で表される。その4つの階層はアツィルト/流出界、ベリア/創造界、イエツラー/形成界と最終的なアッシャー/物質界である。これらのカバラ的階層は人間においてはそれぞれアツィルト/流出界が精神に、アツィルト/流出界は感情に、イエツラー/形成界は知性に、そしてアッシャー/物質界は肉体及び行動というように対応している。そしてこの4階層システムはタロットにおいて、アツィルト/流出界は火の元素つまりワンドに対応し、ブリア/創造界は水の元素でカップに、イエツラー/形成界は風の元素でソード、そしてアッシャー/物質界は地の元素でディスクに対応する。実質的な例えでこの4階層の繋がりを挙げると、まずは物事を実現させる過程において何かを作ろうというインスピレーションやひらめきを感じる最初のステージ、そこからアイディアが生まれる第二のステージ、そして具体的設計図を形成する第3ステージ、最終的に作品として何かが出来上がる第4ステージとなる。とどのつまり全ては4つのタイプのエネルギーと階層でできているということである。

太古の昔より世界は火・水・風・大地の4つのエレメントによって創られていると信じられてきた。それは現代科学における「元素」とは違うが、全ては4つのタイプの要素が混ざりこの世が創られているということである。この世のすべてのものがそれぞれのエレメントの影響を受けているということは、物質世界に存在するものは複数のエレメントに属しているとも言い換えられる。例えば一冊の本を参考にすると、本自体は物質で「地」のエレメントのものである。しかしそこには学ぶべき知的な内容があるかもしれない。それは「風」のエレメントに属する。さらには悲しみや喜びを感じるストーリーであるかもしれない。それは「水」の要素である。そしてインスピレーションを感じ何か新しい行動をしてみようというひらめきに繋がるならそれは「火」のエレメントのエネルギーを持つ。

このように目に見えるこの物質世界に生きていても、じつはそこに目に見えないエネルギーがあること、見えない世界が浸透していることを知ることが必要ですべての現象にはこの4つの要素があり、そのバランスを取る必要があることをカバラは教えている。それらの4つの要素にも目覚めていくことが自分の内側のスピリチュアリティに目覚めていくことと連動しているのでタロットを深く学ぶ意味にも関連する。

 

About the Author

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *