No Comments

 

Number Cards:

The Number cards from two to ten has a pattern of spirit sigil/symbol arrangement as the following.

Top Right Corner : Symbols of the Planetary Gods

 

Right Bottom Corner : Symbols of the Zodiacal Spirits

 

Left Top and Bottom Corner : Sigils of Goetic Demons

Goetia is a practice of ceremonial magick, involving the invocation of Goetic spirits often today referred to as demons, based on a grimoire known as The lesser Key of Solomon. A total of 72 demons are attributed to 36 cards. Two spirits of “Day” and “Night” per card are dipicted. The sigil of the Day-demon is found in the top left corner of a card, and the Night-demon in the left bottom corner.

If you are interested in learning of Goethia, please acquire specialty books. If you are already familiar with Goethia and practice it, please do employ an appropriate card with the sigil in your ceremony.

 

Archangels:

The human characters in the Number cards represent archangels that are attributed to particular elements.

  • Wand=Fire=Michael (Wings are that of birds),
  • Cup=Water=Gabriel (Wings are fish fin… particularly lion fish fin, because I had a lionfish in a fishtank),
  • Sword=Air=Raphael (Wings are that of bats),
  • Disk=Earth=Uriel (Wings are that of butterflies)

小アルカナのナンバーカード:

 

右上隅:惑星神のシンボル

 

右下隅:星座のスピリットのシンボル

 

左上下隅:大アルカナのスピリットのシジル

ゴエティアあるいはゲーティアは「ソロモンの小さな鍵」と呼ばれる魔導書の一部で、ソロモン王が使役したという現在では悪魔と呼ばれる精霊を呼び出して様々な願望を叶える儀式魔術の手順を記したものである。全72人の精霊のシジルは小アルカナの2から10の36枚のカードに二人づつ”日中の精霊”と”夜の精霊”として呼応している。カシオピアのタロットでは日中の精霊のシジルを左上に、夜の精霊のシジルを左下隅に記している。

ゴエティア/ゲーティアの詳細を知りたい方は専門書を紐解いていただければいいし、すでに実践されている方は呼応するシジルのカードを儀式に組み込んでいただきたい。

 

大天使:

小アルカナのナンバーカード(ここではエースも含める)には大天使として呼応するエレメントに従い人物像が描かれている。

  • ワンド=火=大天使ミカエル (翼は鳥の羽)、
  • カップ=水=大天使ガブリエル (翼は魚、特定するとミノカサゴのヒレ。。。当時家の水槽で小さいの飼ってたから)、
  • ソード=気=大天使ラファエル (翼は蝙蝠の羽)、
  • ディスク=地=大天使ウリエル (翼は蝶の羽)、

About the Author

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *