No Comments

The end and completion of the Major Arcana. It is the zenith of development – the achieved goal. Unifying conflicts and contradictions and freeing oneself which implies satisfaction. Looking at the last half of the Major Arcana as a sequence of self-development and self-realization, The Universe is the crown and the end. Through Death rebirth ix experienced, Art starts the process of alchemical work, limitation is over come via The Devil, then destroy the inner prison at The Tower. Then we chase The Star, explore The Moon, find The Sun then experience the Rise of the Phoenix in the new Aeon. The we finally can touch The Universe.

大アルカナの終わりと完成。発展の天頂で 実現目標。衝突や矛盾を統合し自らを解放することができて満足感を得る。

大アルカナの後半を自己実現の方法として見ると、「宇宙のカード」は頂点であり終わりである。「死」をもって生まれ変わり、「技」によって錬金術的な統合を始め、「悪魔」にてあらゆる制限を克服し、「塔」で自身の内なる刑務所を破壊させる。 その後「星」を追い、「月」を探検し、「太陽」を見つけて「永劫」の時の中灰からのフェニックスの蘇りという一連の経験の後、 最後に「宇宙」に触れることができる。

 

——————————————————
“Daily Tarot Note” of Kashiopia’s Enlightenment Tarot, published by Kashiopia.

「日々のタロットノート」、カシオピアのエンライトメントタロットより。

About the Author

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *