No Comments

So we went through the initial journey of the Major Arcana. It does not mean the review of the Major Arcana is finished since each card contains so many meanings and significance that one short article will not cover everything. So we’ll come back to the Major Arcana again at some stage. But for now, let’s discuss a little bit about Qabalah.

Since esoteric philosophy provides the foundation of tarot, it is recommended to be acquainted with occultism before learning how to read the cards. Much of the Western esotericism and occult is based on the ancient philosophy of Qabalah. Originally Hebrew, Qabalah, means “receive inner wisdom”. Qabalah is not a religion yet all the common ideas of faith and religious traditions are reflected in the Qabalistic system. The system describes the dynamic mechanisms of the universe and the human psyche.

The idea of Qabalah reflects the relationship between microcosm and macrocosm, “as above so below as within so without”, indicating the schema of seeing the same patterns reproduced in all levels of the cosmos from the largest scale to the smallest scale. Comprehension of this concept is the fundamental key in practicing Qabalah.

Seeing the mechanism of how things are connected and related to all other things expands the awareness and  understanding of the world. In due course understanding the world allows an individual to be able to analyze and understand him/herself and their own surrounding.

Nurturing such intellectual activities reflects the true path of spiritual pursuit.

For this reason Qabalah is a powerful tool of self-exploration, bringing out the “True Self”. 

 

前期記事において大アルカナ巡礼を終えたのだけれどもこれにて総てというわけではない。それぞれのカードにはさらなる意味とシンボルがあるので一つの短い記事語り尽くせるものではないからまた大アルカナについてはいずれ戻ることは確実。ただ今は少しカバラについて語ろうと思う。

元来ヘブライ語であるカバラは「内なる知恵を授かる」という意味を持っており西洋の神秘学や密教の多くはカバラの古代哲学に基づいている。カバラは宗教ではないけれど、あらゆる信仰と宗教的伝統に共通の概念はアイデアは全てカバラ思想に反映されてる。こうした神秘学的哲学はタロットの基礎であるから神秘学、特にカバラについて多少の知識があるとタロットの理解が深まる。カバラは宇宙全体、そして人間の存在そのもののダイナミックなメカニズムを描写しており、マクロコズム(大宇宙)とミクロコズム(小宇宙)の「上の如く、下も然り。内の如く、外も然り」という関係を説いている。つまりカバラは宇宙のすべてのレベルにおいて大なり小なり同じパターンがあらゆる場合で繰り返し反映させられているという思想である。このような小宇宙と大宇宙の関係を理解することはカバラを学ぶ上で基本である

物事がどのように繋がり他のすべてのものと関連しているかというメカニズムを見据えることは意識の拡大と世界を理解することとなり、自分の人生やあらゆる出来事を分析することができるようになりそれによってより自分自身を理解することができるようになる。

そのような知的活動を育むことは精神的な追求の真の道を反映している。そのためカバラは「真の自己」を引き出す強力な自己探検の道具でもある。

 

About the Author

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *